挑戦しづらい「紐パンティ」今すぐ穿きたくなる5つのメリット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
挑戦しづらい「紐パンティ」今すぐ穿きたくなる5つのメリット!

あなたが普段穿いているショーツは何ですか?
プレーンショーツ、Tバックショーツ、総レースタイプやボクサータイプのもの…

当エメキュン内での人気記事
⇒【男性のリアルな声 vol.02】男性がたまらなくなる♡ギャップ萌えの下着って?NGエピソードも!

こちらでは男性からのアンケート調査で「紐パン」が好きなショーツ人気ナンバーワンという結果に!

「彼女の下着が紐パンでテンションが上がった!」
「ヒモを解くときがたまらない!」などの感想も多数。

そんな勝負下着にはもってこいの「紐パン」ですが、挑戦しづらいのが難点でもあります。

やっぱり紐は恥ずかしい?!

恥ずかしい女性

紐パンを「持っていない」「着用したことがない」エメフィールスタッフに聞いてみたところ、やはり恥ずかしいという意見が大多数でした!

  • 「恥ずかしくて買えない」
  • 「親と同居なので、何か言われそう」
  • 「買ったものの、恥ずかしくてなかなか使えない」

など、やはりセクシーランジェリーとしての位置付けが強いのか、気になっていても恥ずかしさが勝るようです。

他にも

  • 「朝時間がなくて履いている時間が無い」
  • 「紐が解けてしまいそうで、気になる」

など着用に関しての意見も。

着用するまでの一歩がなかなか厳しそうです。

一方着用経験がある人は?

今度は紐パンを「着用したことがある」「普段使いもしている」というエメフィールスタッフに聞いてみました。

  • 「いつなにがあるか分からないから!」
  • 「彼が好きなので何種類か持ってます」
  • 「可愛いデザインのものが多いので、普段でも穿いてます」

など、彼とのデート時の着用シーン以外にもデザイン性から普段使いしてる人も。

紐パンは良いところがいっぱい!

紐パンは良いところがいっぱい!

特別な日用であったり、彼を喜ばせるためのアイテムとして以外にも
紐パンには実はたくさんのメリットがあります。

その1:ゴム跡が付かない!

締め付けが強めのピッタリショーツを長時間履いていると、脱いだときのゴム跡が気になったりしますよね。
ゴム跡が赤くなったり、乾燥から痒くなることもあります。
彼との勝負の日にクッキリ跡が付いていたら、なんだか恥ずかしいですよね?

紐パンなら、自分でサイズ調整が可能なのでゴム跡が付くこともありません!

その2:ムレにくく、軽い着け心地!

自分で腰回りのサイズ調整が可能な分、ゆったりと穿くことができます。
穿いている感覚が少なく、着心地が楽という意見も!
締めつけ感が少なく、楽な穿き心地のショーツをお探しの方にもオススメです!

さらに、ゆったり穿けるということは、夏場などに感じる蒸れも軽減されます。
特にデリケートゾーンは高温多湿なので、雑菌が繁殖しやすくニオイ元に…。

蒸れによってベタベタしたり、ニオイが気になったり…ということも軽減されて良いこと尽くし!
紐ショーツのサニタリーもあるので、生理時に穿くと効果がありそうですね。

その3:デリケートゾーンの黒ずみ対策に!

自分で調節が可能な紐パンなら、通常のショーツより摩擦を軽減できます。
黒ずみの元となる摩擦を少なくすることで、デリケートゾーンへの黒ずみを軽減します!

その4:フリフリ可愛いものから大胆セクシーなものまで種類が豊富!

勝負下着に多用されることが多いことから通常のショーツよりもデザインが豊富なのも嬉しいポイントです。
レースがいっぱいの可愛い系からスケスケの超SEXYなものまで。
そしてサイドのヒモがさらに、セクシー&キュートに仕上がります!

オシャレなアイテムなので、勝負どころの日以外にも可愛いからと、テンションを上げたい日に自分を高めるために着用する人もいます。
最近ちょっとだらけているな…と思いがちな人は内面からオシャレにすることで、気持ちが切り替わるきっかけにもなるかも?!

その5:アンダーヘアのムダ毛処理を欠かさない!

紐パンは通常のショーツよりも着用に時間がかかります。そのため、着用時に自身のアンダーヘアを目にする時間も増えるということ…。
せっかく手間をかけて穿くのにムダ毛がワサァ!穿いた後にチラ見え…は嫌ですよね。
紐パンを穿くときはやはりアンダーヘアが気になって、ケアをしようという意識になるそうです!

着用方法やお手入れ方法は?

なかなか下着のことは人には聞きにくいですよね。
癖のある紐ショーツのエメフィールのオススメする着用方法とお手入れ方法を紹介します!

着用方法

紐パンの穿き方は、人によって色々あるかと思います。

  • 片方の紐を先に結んでから、着用後、もう片方の紐を結ぶ。
  • 両方の紐を結んでから、着用後、微調整のためもう一度結び直す。

着用後に片方側にショーツがズレていることも多く、何度も結び直したり、やり直ししてるとだんだん緩くなったり…。

結構大変ですよね。

ショーツに詳しいエメフィールスタッフに聞いてみると、どちらが推奨!というものはありませんでした。
ですので、お好みで穿きやすい方で良いかと思いますが、筆者のオススメは
「片方の紐を先に結んでから、着用後、もう片方の紐を結ぶ」方が結び直しの回数が少ないように体感で感じています。
穿いた状態からもう片方の紐を結べるため、安定感もあります。

数回着用すれば、結ぶポジションも分かってきますよ!

お手入れ方法

お洗濯時の紐の処理はどうすれば良いのか分からないという声も多く聞きます。

  • 結んだまま、洗濯機に入れても良いの?
  • ほどいて洗濯機に入れたら紐が傷んだ!

などなど。

こちらもショーツに詳しいエメフィールスタッフに聞いてみました!
エメフィールオススメの洗濯方法は
「紐はほどいて、ショーツの中にくるんだ状態で洗濯ネットに入れて洗濯します。
干すときは紐を伸ばして十分に乾かしてください。」
とのことでした!

紐はほどいて、ショーツの中にくるんだ状態で洗濯ネットに入れて洗濯します。 干すときは紐を伸ばして十分に乾かしてください。

紐は結んだままだと、結び癖が付いてしまったり、ニオイや雑菌を取り除けなくなる原因になるため、必ずほどく事を推奨してます。

ほどいた紐はそのままだと他の洗濯物と絡んだり、洗濯中に引っ張られたりしてちぎれてしまうことも…。
ですので、ショーツの中に畳むようにしてくるんでから洗濯ネットに入れて下さい。
(下着用の洗濯ネットだとさらに安心だそうです!)
クロッチ部分の汚れが気になる場合は、内側を外側にしてから、紐を内に全て収めます。

折角の紐パンは長く使っていきたいですよね!少しの手間で少しでも寿命を長くしましょう!

※フリルが多いものや総レースのもの、ジュエリーが付いてるデリケートな商品は手洗いを推奨しております。必ず商品のタグの表記に従って下さい。

ほどけてしまわないか心配…。

ほどけてしまわないか心配…。

紐パンで怖いのは、「紐がほどけてパンツがずり落ちてしまわない?」という不安がつきもの。
そんな人は結び方は蝶結びで結んでください。

そうそうほどけたり、緩くなることはないですよ。
逆にほどきやすい結び方の縦結びは、ほどけやすくなってしまう可能性がありますので、是非蝶結びにしてみて下さいね!

また、ほどける時はスルっとショーツ全体が抜けるような感覚がありますので、すぐ分かります!
咄嗟にガードして無事だった体験談もありますので、100%ほどけないというわけではないものの、そこまで危惧しなくても良さそうです。

また結ぶ紐が長い場合、ほどけない結び方もありますよ!

ほどけない ひもリボンの結び方

ただ、万が一彼と会うような日には、通常の蝶結びで…♥

何となく抵抗があった人も、一度チャレンジしてみては?

なんだかちょっと特別な気分になれそうな紐パン、一度チャレンジしては如何でしょうか?
エメフィールはこれから紐パンティが続々と登場予定です!
メリットがたくさんの「ヒモパンティ」オススメです!

総レース ひも プレーンショーツ

総レース ひも プレーンショーツ


BACKの総レースが美しい定番のひもショーツ♪
どのブラとも組み合わせやすいブラック・ホワイトカラーでご用意。

Lacy back ひもTバックショーツ

Lacy back ひもTバックショーツ


ヌーディなベースにカラーレースを重ねたデザイン性の高いひもTバックショーツ。

SEXY CODE ひもTバックショーツ

SEXY CODE ひもTバックショーツ


オールブラックのレースデザインでコーデしやすいTバックショーツ。
ひもを少し長めにすることで、キュートさがよりアップ!

その他ひもパンティ(ショーツ)一覧はこちら♪

SNSでもご購読できます。