生理時には普通のショーツよりも「サニタリーショーツ」がオススメ♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生理時にはどんなショーツを履いていますか?
実は、いつも使っている普通のショーツよりも「サニタリーショーツ」という生理用ショーツを使うのがオススメです。
経血がモレにくくなったり、羽がしまえたり、洗濯時に汚れを落としやすかったり、メリットがいっぱい!
そんな「サニタリーショーツ」のあれこれをご紹介いたします♪

生理用ショーツの特徴(選ぶポイント)

【特徴1】

ショーツには、クロッチと呼ばれる股部にある補強目的の生地が使われているのですが、サニタリーショーツはそのクロッチ部分がナプキンの羽をしまえる二重構造になっていて、ショーツの表側に羽が出ないようになっているものがおすすめです。

ショーツには、クロッチと呼ばれる股部にある補強目的の生地が使われているのですが、サニタリーショーツはそのクロッチ部分がナプキンの羽をしまえる二重構造になっていて、ショーツの表側に羽が出ないようになっているものがおすすめです。

▼ナプキンの付け方

  • ナプキンを付ける前のショーツです。
    ナプキンを付ける前のショーツです。
  • ナプキンをショーツのクロッチ部分の上に乗せます。
    ナプキンをショーツのクロッチ部分の上に乗せます。
  • 羽の部分をクロッチ部分の内側の布にしまい込みます。
    羽の部分をクロッチ部分の内側の布にしまい込みます。
  • 横から見るとこんな感じです。
    横から見るとこんな感じです。
  • この通り、しまい込むことで、ナプキンの羽がショーツの表に出ないんです!
    この通り、しまい込むことで、ナプキンの羽がショーツの表に出ないんです!

【特徴2】

クロッチ部分は汚れが落ちやすい素材を使用しているので、お洗濯が楽チン!

エメフィール サニタリーショーツ 生理用ショーツ クロッチ部分は汚れが落ちやすい素材を使用しているので、お洗濯が楽チン!

【特徴3】

クロッチ部分は経血をはじきやすい防水布を使用しているものがおすすめです。しっかりと経血のモレをガードしてくれます!

クロッチ部分は経血をはじきやすい防水布を使用しているものがおすすめです。しっかりと経血のモレをガードしてくれます!

生理汚れの落とし方

生理の経血がついてすぐなら「水」で洗ってください。血液はたんぱく質が成分で熱を加えると固まるため、洗濯しても取れにくくなるのでお湯ではなく「水」で洗うのが鉄則です!
血液が付着してから時間が経ったものは、以下などを利用してシミ抜きをしてください。

  • ・液体酸素系漂白剤
  • ・食器用洗剤
  • ・重曹
  • ・セスキ炭酸ソーダ
  • ・ランジェリー用洗剤

サニタリーショーツの紹介

aimerfeel(エメフィール)のサニタリーショーツは上記の特徴をおさえていて、さらにデザインもかわいいんです♡
さらに、ブラジャーとおそろいのデザインで合わすことができるので、生理時とそうでないときとで使い分けることが可能なんです!
一部だけaimerfeelのオススメサニタリーショーツをご紹介♪

サニタリーショーツ

  • ミスティックローズ サニタリーショーツ
  • カービングレースサニタリーショーツ
  • ユニカラーフラワー サニタリーショーツ
  • ユニカラーフラワー サニタリーショーツ
  • シアーリュクス(R) サニタリーショーツ
  • シアーリュクス(R) サニタリーショーツ
  • バーレスク2 サニタリーショーツ

おそろいブラジャー

  • ミスティックローズ 超盛ブラ(R) 単品ブラジャー
  • カービングレース 単品ブラジャー
  • ユニカラーフラワー 超盛ブラ(R) 単品ブラジャー
  • ユニカラーフラワー 超盛ブラ(R) 単品ブラジャー
  • シアーリュクス(R) 単品ブラジャー
  • シアーリュクス(R) 単品ブラジャー
  • バーレスク脇高ブラ(R)2 単品ブラジャー

いかがでしたか?いつも使っている普通のショーツよりも機能的でかわいい「サニタリーショーツ」を履いて、ブルーデイをハッピーにしちゃいましょう!

SNSでもご購読できます。